タイムレコーダーで!手間なし勤怠管理

人件費が削減できる!タイムレコーダー

最近主流となっているタイムレコーダーは、ネットワークを利用したクラウド管理型が主流となっています。そのため、社員の勤怠データはサーバーにて集中管理され、あらかじめプログラミングされた内容に沿って残業時間の算出や休暇日程の管理などが行えます。また、遅刻の管理や外出管理なども自動的に行われます。タイムレコーダーを導入する前は、これらの作業を人が手間暇かけて手計算していたため工数がかかっていましたが、クラウド管理型のタイムレコーダーを導入すれば、あらゆる処理が自動で行われるため、専属の人材が必要と無くなり人件費を削減できます。初期投資はある程度はかかりますが、タイムレコーダーの導入によりトータルコストダウンが可能です。

給与管理が楽になる!

一般的に、給与管理の下となるデータは勤怠管理データとなります。タイムレコーダーを導入し、クラウド型の勤怠管理システムを利用すれば、残業時間とトータル時間の算出や、取得休暇数の合計などが自動計算されます。そのため給与算出にあたり、人が手計算をする必要が無く、しかも、正確に自動計算してくれます。また、コンプライアンスが重視される近年、従業員の勤怠管理はとても重要になっています。タイムレコーダーを導入すると不正打刻ができなくなり、従業員の不正を防止できます。また、残業時間や休日出勤時間の累計時間がすぐに分かるため、残業が多すぎる人は医師との面談を行わせるなどの、従業員の健康管理の面についても役立ちます。